エイジングケアの始め方

【第3回】エイジングケアの化粧水は「美白も、ハリも、抗酸化も」

更新日:

https://bimajyoni-naritai.com

 

エイジングケアでの「化粧品選び」は、ただ単純に”エイジングケア用”と書かれている化粧品を選ぶのではなく、ちゃんと「知識を持って」選ぶのがオススメです。

 

「知識を持つ」ことで、何倍も ”効率良く” エイジングケアが出来るからです。

 

「早く」キレイになった方がいいに決まってる

キレイになるなら、1秒でも「早く」キレイになった方がお得です。歳をとってからキレイになるより、今からキレイになって、「その時間が長い」方がいいですよね。

特に女性の場合、「美容」と「心」が密接に繋がっています。

「自分がキレイ」は、毎日が「イキイキとする」心に変わり、大げさではなく”人生が変わる”ほどの力があります。

 

 

時間は有限です。
間違ったエイジングケアで、無駄な時間は過ごしたくない。

 

どうせなら、「最短ルート」でキレイになりましょう✨

 

その為には「知識」を持とう

「知識」がないと、時間をムダにします。

「エイジングケア」には、「エイジングケアの知識」が必要です。

 

第3回目のエイジングケア講座は、以下の内容です。

【第3回】エイジングケア講座

  1. エイジングケアで使うべき「化粧水」とその効果
  2. エイジングケアの鍵を「化粧水で使う理由」と「選び方」

 

エイジングケアで使うべき化粧品は、「エイジングケアに必要なこと」を知ればおのずと見えてきます。

 

第3回は「化粧水」についてです

第3回のエイジングケア講座では、化粧品の中でも「化粧水」について。

正直なところ、ここが ”エイジングケアの鍵” になります。

 

ぜひ、「最短ルート」でキレイになりましょう。

 

1、エイジングケアで使うべき化粧水

軽く前回のおさらいです。

エイジングケア最大の敵「紫外線」を浴びると、肌を守ろうとしてシミの元となる「メラニン」を作り出し、それがやがて、女性を悩ます”シミ”となります。参考:»第1回 エイジングケア講座

 

第2回 エイジングケア講座では、その紫外線を浴びたダメージを軽減、メラニンを作らせないようにする為、「エイジングケアに美白化粧品は必須」と紹介しました。

ここまでは前回、理解しましたね。

 

さぁ、ここからです。

女性の強い味方「美白有効成分びはくゆうこうせいぶん

美白化粧品に含まれる「美白有効成分」。

「美白有効成分」が配合され、なおかつ厚生労働省に認められたものが「美白化粧品」とされます。

 

「美白有効成分」には、種類がある

「美白有効成分」には色々あります。

美白有効成分は下記のとおりです。
研究により、新しい成分が発見されるので日々増えていきます。

 

美白有効成分一覧
(参考文献:日本化粧品検定テキスト)

  1. エナジーシグナル AMP
  2. リノール酸S
  3. エラグ酸
  4. 4MSK
  5. m-トラネキサム酸
  6. ビタミンC誘導体
  7. アルブチン
  8. コウジ酸
  9. マグノリグナン
  10. ルシノール
  11. カモミラET

 

聞いたことがある名前も、多いかと思います。

 

実は、この中で、「エイジングケアの化粧水」として最もおすすめなのが6番目にある「ビタミンC誘導体」です。

 

エイジングケアの鍵となる「ビタミンC」

 

 

「ビタミンC誘導体」とは「ビタミンC」を肌に浸透しやすいように形を変えたものです。(ほぼ同じと考えてOKです)

 

昔から美容に良いとされ、絶世の美女「クレオパトラ」もこよなく愛したと言われるビタミンC。

 

「ビタミンC」が ”エイジングケアの鍵” となります。
(また、”化粧水”で使うことにも意味があり、それは後ほど解説します)

 

知っていますか?美白は「予防効果」が大半です。

「美白」というと「肌が白くなる」というイメージを持ちがちです。

しかし、、、

実は「美白成分」の大半は、メラニンを作らせないように、、、、、、、、作用するもので、すなわち「予防」です。

 

これが「ビタミンC」の凄さ

ビタミンCは「予防だけじゃない」

「ビタミンC」には予防だけでなく、今あるシミを薄くする「メラニン色素の還元」の力があるのです。

 

先ほどの、美白有効成分を
「効果」で並べ替えると…

 

美白有効成分の効果
※チロシナーゼとはメラニン生成を活性化させる酵素です

【メラニン生成司令を止める】←予防
カモミラET、m-トラネキサム酸

【チロシナーゼの働きを抑える】←予防
アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体、4MSK

【チロシナーゼ成熟阻害・分解】←予防
マグノリグナン、リノール酸S

【メラニン色素の還元】
ビタミンC誘導体

【メラニン排出を促す】
エナジーシグナル AMP、リノール酸S

 

、、、と下から2番目にある「メラニン色素の還元」の効果があるのは、唯一「ビタミンC」だけなのです。

もちろん、「予防効果」もあります。(上から2番目)

 

せっかく美白化粧品を使うなら

当たり前ですが、せっかく”美白化粧品”を使うなら「予防」も「今あるシミにも」両方効くものがいいですよね。

 

美容は今キレイになるのが大事

これからの「予防」が出来るのは、もちろん嬉しいけど、今がキレイにならないと ”モチベーション” は続かないです。

 

だから、今からキレイになる為に、エイジングケアの結果を出そうと思ったら「ちゃんと知ること」がとても大切です。

 

「ビタミンC」がおすすめな理由は、まだある!

「ビタミンC」の凄さは、実は、まだ序の口です。笑

 

ビタミンCをエイジングケアに使う「最大の理由」はここからです。

 

”エイジングケアの鍵” の理由

 

「ビタミンC」が ”エイジングケアの鍵” となる最大の理由。

 

それは、、、

「コラーゲン生成作用」と
「抗酸化作用」です。

 

なんと!!

「ビタミンC」は、エイジングケアで必要な「コラーゲン生成作用」と「抗酸化作用」までも、持ち合わせているのです。

 

エイジング症状のほとんどが「コラーゲン減少」が原因

エイジング症状

  1. シミ
  2. シワ
  3. たるみ
  4. 毛穴の目立ち
  5. 薄毛・白髪

 

第1回 エイジングケア講座で紹介したとおり、上記の5つのエイジング症状のうち、「2.シワ」「3.たるみ」「4.毛穴の目立ち」は、肌内部の「コラーゲン減少」が原因です。

 

特に、エイジングケアでは、最も顔を老けさせる「たるみ」にアプローチすることが重要です。

 

「たるみ」は化粧品では不可能。でも…

「たるみ」が出来てしまうと、ぶっちゃけ化粧品では、改善が不可能です。(たるみの改善方法については別の回で解説)

でも、たるみは「常に進行、、、、」するので、「更なる」たるみを予防する為に "コラーゲンを作る(生成)" ことが何よりも大切です。

 

また「たるみ」に進化する前の「シワ」を食い止める為にも、コラーゲン生成が重要です。

 

「コラーゲン生成」をすると肌に「ハリ」「弾力」が出る

「コラーゲン生成」をすると肌に「ハリ」「弾力」が出ます。

 

絵が下手で申し訳ないですが…(笑)

簡単に示すと下の図のように、肌の内部は、「コラーゲン繊維」で支え、、られています。

 

イメージつきますかね…(笑)

 

支えられる構造だから、コラーゲンが「ハリ」に影響する

このような構造だから「コラーゲン生成」をすると、肌にハリ、弾力が出るのです。(そして、これにより「シワ」「たるみ毛穴」が改善します。)

 

ですから、「コラーゲン生成」の効果がある「ビタミンC誘導体」を使うことが、エイジングケアに ”とても効果的” なのです。

 

注意:よくある間違い「コラーゲン入り」

「コラーゲン入り」の化粧品を使っても、コラーゲンは生成されません。

そもそも、化粧品のコラーゲンは分子が大きすぎて肌内部まで届きません。(コラーゲンは保湿力は高いので、保湿として使うのは有効です)

 

エイジングケアで使うべき化粧品は

「コラーゲンが入っている化粧品」ではなく、
「コラーゲンを増やす成分、、、、、が入っている化粧品」です。

 

酸化を消去!ビタミンCの「抗酸化作用」

エイジングケアの敵の1つである、「活性酸素」による「酸化」。

 

活性酸素を消去する「抗酸化」

体内に発生した「活性酸素」を消去する抗酸化力こうさんかりょく」は元々、人間に備わっています。

しかし、年齢と「抗酸化力」共に弱くなるので、化粧品で補うことが大切です。

 

そして、ビタミンCにはその「補い」ができる「抗酸化作用」までもがあるのです。

 

しかも、ビタミンCの「抗酸化作用」は強力!

世の中に「抗酸化作用」を持った成分は、他にもありますが、中でもビタミンCの抗酸化作用は「非常に強力」です。

本当にすごいですよね、ビタミンC。笑

 

「ビタミンC」最強伝説は本当です

ビタミンCは、他にも「抗炎症作用」「皮脂抑制作用」なども持ち合わせており、美容成分でこんなにも「万能」な成分は他にありません。

 

ビタミンCの効果 ※一部です

  • メラニン生成抑制、色素還元(美白
  • コラーゲン生成(ハリ、弾力アップ
  • 抗酸化作用(老化防止

 

エイジングケアで最も重要な「コラーゲン生成」ができる、数少ない成分である上に、その他にも ”エイジングケアで必要なこと” が「ビタミンC」でほぼ叶います。

 

美容のきらびやかなパッケージに誘惑されないで(笑)

美容用品は、素敵なパッケージや広告で私たちを魅了してきます(笑)もちろん、他の化粧品も素敵です。

でも、効率の良いエイジングケアをしたければ「ビタミンC」を使うべきです。

 

ビタミンCが ”エイジングケアの鍵” なのです。

 

ビタミンCの「使い方」と「選び方」も知ろう

そして、ここからはビタミンCを「化粧水で使う」理由と、注意したい「選び方」について解説します。

 

2、エイジングケアの鍵「ビタミンC化粧水」について

ビタミンC化粧品の「前提3つ」

まず、「ビタミンC」を化粧品へ配合する際には以下の3つが大切です。

 

ビタミンC化粧品で大切なこと(前提3つ)

  1. 濃度
  2. 浸透性
  3. 安定性

 

ビタミンCは、、、

「濃度」が低くても効果がないし、
「浸透」しなかったら効果がありません。

 

更に、ビタミンCは ”変質” しやすく、変質するとその美容効果が得られなくなる為、「安定性」が大切です。

 

上記の "前提3つ" を把握した上で、「化粧水で使う」理由と「選び方」について紹介します。

 

ビタミンCは「化粧水で使う」理由

1.そもそも「安定性」が高い

ビタミンCは「クリーム」より「水」に配合した方が安定しやすく、効果が得られやすいです。

 

2.イオン導入ができる

これは美顔器を持っていないと出来ませんが…

化粧水ならば、美顔器の「イオン導入機能」を使って更に肌の奥まで浸透させることが出来ます。(イオン導入については別の回で解説)

エイジングケア事典(本)でも、ビタミンC化粧水のイオン導入を強く勧められており、その効果は手でつけるのと比べて「約20倍」にもなります。

 

ビタミンC化粧水の選び方

1.高濃度であること

ビタミンCの "前提3つ" で挙げたように、ビタミンCは濃度がないと効きません。

「高濃度」と表記されているものが良いです。

 

2.浸透力があるもの

これも同じですが、浸透しなければ効きません。

特に以下の種類のビタミンC誘導体が「浸透力が高い」です。

  • リン酸アスコルビル
  • APPSアプレシエ(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)

 

ふまえると、おすすめは「ビタミンC」に "こだわっているメーカー" のもの

化粧品にビタミンCを、ただ入れること、、、、、は「簡単」です。

しかし、先ほどの「濃度」「浸透性」「安定性」を守った  ”効くビタミンC化粧水” を作るには、メーカーに、それ相応の製造環境が整っていないと無理です。

 

効かなくてもビタミンC入り!ブラックな化粧品(笑)

ただ「ビタミンC」と表示することは簡単です。でも、効くかは別です。

配合量の表示義務もないので、言ってしまえば、化粧品はブラックなのです(笑)

 

だから、おすすめは

「ビタミンC専門メーカー」だったり、
「ビタミンCにこだわっているメーカー」の化粧水を選ぶことです。

 

難しいですが、、、

とにかくビタミンC化粧水を選ぶ際には、「濃度」「浸透性」「安定性」が大切なことを、ぜひ覚えておいてください。

 

【参考】水谷雅子さんが愛用するビタミンC化粧水

 

この投稿をInstagramで見る

 

masako mizutani(@mizutanimasako)がシェアした投稿 -

エイジングケア講座 導入編でも紹介した、エイジングケアの見本ともなる美魔女・水谷雅子さん(現在51歳)。

 

水谷雅子さんが「長年愛用している」ビタミンC化粧水を、私も憧れで使ってみました。

参考:»美魔女・水谷雅子さんの美容法・化粧品一覧

 

 参考

ビタミンC専門の化粧品メーカー「プリモディーネ」の化粧水です。

浸透力の高い「APPSアプレシエ」で、最初は”お試し”を使ってみましたが、これが非常に良かったので本商品も買いました。商品説明の通り「速効性」だと感じました。

↓ちなみに、本商品はこんな感じです。

「遮光瓶」と呼ばれる「紫外線による変質を守る」茶色い瓶。これに入っているところが、ちゃんとこだわってるんだろうなぁと思います。

お試しは1,000円と1,800円があります。良ければ参考にしてください。

⇒「高浸透型ビタミンC誘導体化粧水 プリモディーネ  」を見てみる

 

エイジングケアの化粧水はビタミンCを使おう

 

いかがでしたか?

「ビタミンC」についての理解は深まりましたか?

 

第3回 エイジングケア講座のおさらい

第3回 エイジングケア講座では、エイジングケアで使うべき化粧水「ビタミンC」について解説しました。

 

ビタミンCの効果

  • メラニンを作らせない作用(美白)
  • メラニン色素還元作用(美白)
  • コラーゲン生成作用(ハリ・弾力アップ)
  • 非常に強力な抗酸化作用(老化防止)

 

化粧水で使う理由

  • 水の状態が安定性がある
  • イオン導入もできる(効果20倍)

選び方のコツ

  • 高濃度表示
  • 浸透力(リン酸アスコルビル、APPSの表示)
  • ビタミンCメーカーがおすすめ

 

ビタミンCは "エイジングケアの鍵" です。

効率の良いエイジングケアには、「ビタミンC」を「化粧水」で使いましょう。

 

注意:ビタミンCには「弱点」があります

美容の王様と言われる「ビタミンC」にも、1つだけ弱点があるので、覚えておいて下さい。

これは「美白化粧品、全般」に言えることですが、「保湿力が弱め」なことです。

 

しかし、解説した通り、エイジングケアにビタミンCが「非常に有効」なので、使わない訳にはいきません。

 

じゃあ、どうするかというと、
他のアイテム(美容液)で補います。

 

効率の良いエイジングケアでは、「ビタミンCの効果」をしっかり使い、「保湿」は別アイテムでカバーします。(保湿については、別の回で解説します。)

 

記事中で紹介した化粧水

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました☺️❤️

 

ビタミンC化粧水を準備したら、第4回もぜひご覧下さい💗

【第4回】エイジングケア効果を170倍!更なる効率アップを目指す

続きを見る

 

水谷雅子さん

2020/5/27

水谷雅子さん愛用のオラクル【歳を重ねても美しい人が使う化粧品】

水谷雅子さんってオラクル使ってるの? オラクルってどんな化粧品? たくさん有名人が使ってるって本当?   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 水谷雅子さん愛用オラクル オラクルとは あのモデルや女優も愛用   水谷雅子さん愛用のオラクル   この投稿をInstagramで見る   masako mizutani(@mizutanimasako)がシェアした投稿 - 2020年 5月月13日午後8時39分PDT 水谷雅子さんはオラクルを愛用 ...

ReadMore

化粧品

2020/5/25

エスセレクト「馬油」を使ってみた!スギ薬局ブランドの口コミ

エスセレクトの馬油ってどう? 馬油っていいの? スギ薬局の馬油を使った人の感想が知りたい!   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 エスセレクトの馬油を使ってみた そもそも馬油とは 使った感じ メリット・デメリット 個人的な総評   エスセレクトの馬油 友人から「馬油がいい!」と聞いたので、エスセレクトの「馬油」を買ってみました!   スギ薬局のオリジナルブランドだから安い 馬油と言えば「ソンバーユ」というものが1番有名なのですが、私はまずは安かっ ...

ReadMore

おすすめ

2020/5/13

【全て試せる】ヒト型セラミド化粧品のおすすめ3選【最上級の保湿】

ヒト型セラミド化粧品がほしい! とにかく肌の乾燥を解消したい! おすすめのヒト型セラミド化粧品が知りたい。   そんな疑問や悩みを解消しましょう。   この記事で分かる事 ヒト型セラミド化粧品の選び方 おすすめヒト型セラミド化粧品3つ   世の中にはヒト型セラミド化粧品の需要が高まっていますが、それと同時にセラミド系化粧品が乱立しています。[ヒト型セラミド]とかで検索するとわかりますが、山のように出てきますね…。   そんな中で今回は「ニーズ別に3つだけ」ヒト型セラ ...

ReadMore

肌悩み

2020/5/4

【必見】化粧水が肌に浸透した証拠とは【サインは確認してますか?】

化粧水が肌に浸透した証拠ってあるの? 化粧水が浸透したサインは? 化粧水の塗り方を知りたい!   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 化粧水が浸透した証拠とは(3つある) 化粧水を浸透させるメリット 肌に浸透する化粧水の付け方 なかなか浸透しない人の対策   「化粧水が浸透した証拠」を確認しよう 90%の人は化粧水が足りていない スキンケアをする人の90%が、化粧水が足りていないと言われています。本当はもっと肌にたくさん水分を補充しなくてはならないのに対し、 ...

ReadMore

おすすめ 化粧品

2020/4/30

オイルだけのシンプルスキンケア【オイルの種類とおすすめ5選】

オイルだけのシンプルスキンケアに挑戦しようかな? スキンケア用のオイルってどんなものがあるの? おすすめのオイルが知りたい!   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 シンプルスキンケアで美肌に スキンケアオイルの種類 美容成分豊富なおすすめオイル5つ   オイルだけのシンプルスキンケア シンプルスキンケアが人気に 昨今のミニマリストブームでシンプルスキンケアが人気になっています。また、過剰なスキンケアをやめたことで「逆に肌がキレイになった」という声も多く、シ ...

ReadMore

-エイジングケアの始め方
-

Copyright© 美魔女になりたい.com , 2020 All Rights Reserved.