肌悩み

日焼け止めで逆に焼けることってある?【この2つに注意しよう】

更新日:

https://bimajyoni-naritai.com

日焼け止めを塗ると逆に焼けてる気がする。

日焼け止めで焼ける事ってある?

 

そんな疑問や悩みを解消しましょう。

 

この記事で分かる事

  • 日焼け止めで逆に焼けることはあるのか?
  • 気をつけるべき2つ
  • とは言っても日焼け止めが合わない人は

 

日焼け止めで逆に焼けることってある?

逆に焼ける事は、基本的には、、、、「ない」

日焼け止めで逆に焼けるということは、基本的にはありません。

 

でも、逆に焼けたと感じることも。

「あれ?なんか逆に焼けてるんじゃないか?」と思うことが起こる場合があります。以下の2つに注意しましょう。

 

①日焼け止めが肌に合っていない?

やっぱり化粧品は肌に合う、合わないがある

化粧水や乳液と同じように、日焼け止めも化粧品です。化粧品には、どうしても万人に合うものはなく、人によって合うもの、合わないものがあります。

 

肌あれや炎症が焼けると、黒くなる

日焼け止め自体が肌に合っていなくて、「肌あれ」や「炎症」を起こしている場合は日焼けをすると、色素沈着を起こし、逆に焼けたように感じることがあります。

 

化学成分が合っていないかも?

日焼け止めに配合されている成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」というものがあります。

このうち、後者は紫外線吸収剤は、ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系などの「化学物質」で、紫外線エネルギーを取り込み、熱などの別エネルギーに変換して日焼けを防ぐ役割をしていますが、それが肌に合わない人も。

 

そういう場合は、「ノンケミカル」「ケミカルフリー」という日焼け止めを選びましょう。(=紫外線吸収剤が入っていない)

数年前にハワイでも海の生物の保護の為に紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めは販売禁止になりましたね。

 

②日焼け止めが古すぎる?

成分が変質してるかも?

先ほど紹介したように、ほとんどの日焼け止めには「紫外線吸収剤」というものが含まれています。この化学薬品が時間が経って変質する可能性もなきにしもあらず。

紫外線吸収剤だけでなく、日焼け止めに使われている成分全てもやはり空気中の酸素と結びついて「酸化」したり「劣化」したりします。

 

目安として日焼け止めは「1年以内」に使った方がよいかと思います。あまり古すぎる日焼け止めは使わないようにしましょう。

 

日焼け止めで逆に焼けたと思ったらすぐに変えよう

美容の「最大の敵」です。

日焼け止めは、肌を守るのに非常に大切です。女性が気にする「シミ」だけでなく「シワ」「ほうれい線」なども引き起こします。

 

日焼けで、健康に良いことはない

昔は日に当たる事は健康に良いとされていて「日焼けした方がいい」とさえ言われていましたが、現在では日焼けをする事で「皮膚ガン」「老化促進」など人間への悪影響が大きいことが科学的に実証されています。

 

ビタミンDを作るのには手の甲くらいで十分

体内にビタミンDを作るためには、日光を浴びることが大切ですが「手の甲くらいの面積で10分」で良いと言われています。

美容・健康の為にも、日焼け対策は徹底しましょう。

 

肌の老化の原因8割が「日焼け」

肌老化の8割の原因が「紫外線」です。

日焼け(=紫外線を受ける)が、老化の原因の8割を占めると言われています。8割ってすごいですよね(笑)

 

繰り返しになりますが、女性が悩む「シミ」だけではなく「シワ」や「ほうれい線」「たるみ」も日焼けが1番の原因です。

 

日焼け止めはコスパ良い

日焼け止め代は、もっとも賢い投資です。

日焼け止めは、綺麗な肌でいたい人、老けたくない人にとっては毎日塗ることが非常に大切です。日焼け対策さえしておけば、肌老化の8割は防げるのです。

後から治すとお金がかかる、かかる(笑)

シミやシワ、ほうれい線は後から治そうとすると、莫大な「時間」と「お金」がかかります。例えば、ほうれい線の場合は、美容クリニックで本格的にやろうとすると数+万〜数百万ほど。

 

それを、日焼け止めで予防すれば、「お金」も「労力」もとても少ないので、予防をしっかりやる方が確実に賢明です。

 

【豆知識】最近の日焼け止め

SPF50+

以前まではSPF50までの表示しかありませんでしたが、少し前から「50以上」という意味のSPF50+という表示が出来ました。

 

最近、話題の「近赤外線」

近年、紫外線だけでなく近赤外線も肌老化の原因と判明してきていて、紫外線よりも浴びる量が多く、肌の深くに到達するので「紫外線よりもヤバイ」とも言われています。

 

まだ未知ですが、気になる方は近赤外線に対しても効果があるものを選ぶのもアリです。

B.A ライトセレクター
(ポーラ)

SPF50+、PA++++と国内最高のUVカット率で「紫外線」と「近赤外線」から肌を守る。更に肌によい赤色光は透過させ、ハリ感、弾力感を与える最高峰の日焼け止め。

⇒「ポーラ POLA B.A ライト セレクター  」を見てみる

 

【参考】日焼け止めを使わない日焼け対策

とは言っても、日焼け止めが苦手な方は…

どうしても合う日焼け止めが見つからない場合や、日焼け止めを使いたくない状況もあるかと思います。

 

そんな方は、無理に日焼け止めを使わなくても、日焼け止め以外で対策してもいいと思います。

 

こちらの日焼け止めを使わない日焼け対策【前提+おすすめ9選】でいくつか紹介しているので良ければ参考にしてみてください。

 

ぜひ、自分に合った日焼け対策を見つけましょう。^^

 

記事中のアイテム

 

以上、日焼け止めで逆に焼けることはある?についてでした!

 

 

肌悩み

2021/4/14

化粧水の浸透が悪い3つの原因【+6つの対策】

最近、化粧水の浸透が悪い…。なんで? なんだか化粧水のなじみが悪いような気がする。 化粧水の浸透をよくしたい。   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 化粧水の浸透が悪い原因3つ 化粧水の浸透を高める対策6つ   化粧水の浸透が悪い 化粧水の浸透が悪いのは、もったいない! せっかく購入したお気に入りの化粧水、肌に浸透してなかったらもったいないですよね。 化粧水は浸透させて、はじめて効果があります。浸透しなかった意味ナシです。   化粧水の浸透が悪い ...

ReadMore

おすすめ 肌悩み

2021/4/11

日焼け止めを使わない日焼け対策【前提+おすすめ9選】

日焼け止めを使いたくない、使えない。 日焼け止めを塗るのがめんどくさい。肌が荒れる。 「日焼け止めを使わない日焼け対策」ってどんなのがある?   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 日焼け止めを使わない日焼け対策【前提】 日焼け対策9選   日焼け止めを使わない 日焼け対策が知りたい! 老化を早める「紫外線」 日焼けをすると、空から絶え間なく降り注いでいる「紫外線」を必然的に浴びることになります。   もう広く知られていますが、紫外線を浴びると皮膚 ...

ReadMore

肌悩み

2021/4/10

目のこすりすぎは確実に「しわ」に。【理由+ケース別対策案】

目のこすりすぎってしわになるってホント? なんでしわになるの? でも擦っちゃうんだよね。どうしたらいい?   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 目のこすりすぎでしわになる理由 目のこすりすぎを防ぐ対策案 既にしわがある人、予防したい人は   目のこすりすぎは確実にしわになります 目のしわの原因の1つ「こすりすぎ」 花粉症や何気ない時に目をこすったり、洗顔時にこすったり、目をこするというのは日常やってしまいがちですが、目をこすりすぎると確実に、、、しわになり ...

ReadMore

化粧品

2021/4/8

エスセレクトのアロエクリームは良さそうに見えてイマイチだった【口コミ】

エスセレクトのアロエクリームっていい? 安いし、量が多いから気になる! スギ薬局のアロエクリームを使った人の口コミが知りたい。   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 エスセレクト アロエクリームの口コミ これを買うなら…   エスセレクト アロエクリームの口コミ スギ薬局のめちゃ安いアロエクリーム スギ薬局のプライベートブランド「エスセレクト」のアロエクリームを使ってみました。このサイズ感でギッシリ入っていて(175g)、確か300円もしなかったような…。 ...

ReadMore

おすすめ 化粧品

2021/4/7

【買ってよかったスキンケア】私の肌が綺麗になった化粧品3つ

買ってよかったって思うスキンケアに出会いたいな〜。 本当に効果があった化粧品が知りたい。 買ってよかったと思えるスキンケアを教えて!   そんな疑問を解消しましょう。   この記事で分かる事 スキンケア選びのコツ 買ってよかったスキンケア化粧品3つ スキンケアに関して思うこと   私の肌が綺麗になった、買ってよかったスキンケア化粧品 スキンケア選びは、楽しい、幸せ♡ スキンケア化粧品を試すのって、めちゃくちゃ楽しいですよね(笑) 私も、もう、数えきれないほど試してきました。笑 ...

ReadMore

-肌悩み

Copyright© 美魔女になりたい.com , 2021 All Rights Reserved.